1. HOME
  2. ガスご利用ガイド
  3. ガスの困りごと

ガスご利用ガイド

ガスの困りごと

ガスの困りごと

ガス臭い時、警報機が鳴った時は

ガス臭いと感じたり、ガス警報器が作動した時は
すぐ土佐ガスグループまでご連絡ください。

ガスが漏れている可能性があります

ガスが漏れている可能性があります。
絶対に火気を使用しないでください。
ただちにガス機器の使用を中止し、元栓を閉めてください。

引火する恐れがあるので、換気扇や電灯などのスイッチには触れないでください。
窓を開けて自然換気をし、すぐに土佐ガスグループまでご連絡ください。

 

地震の時は

土佐ガスグループでは、ガスを使用中に震度5強程度の揺れを感じたら、
自動的にガスを遮断するメーターを採用しています。

※地盤や状況によって、自動的に止まる震度は異なります。

まず身の安全を確保してください

揺れがおさまったら使用中のガス機器を止め、元栓を閉めてください。

ガスのニオイがしたら絶対に火気を使用しないでください。引火する恐れがあるので、換気扇や電灯などのスイッチには触れないでください。
窓を開けて自然換気をし、すぐに土佐ガスグループまでご連絡ください。

地震がおさまり、ガス臭くなければ、元栓を開けて使用することができます。
ガスが出ない場合はマイコンメーターを確認し、復帰操作をしてください。

 

災害発生時にガスの復旧状況をお知らせします。

ガスの供給停止を伴う大規模な地震が発生した際には、 ガスの供給停止・復旧状況などの情報を当社ホームページでお知らせします。



マイコンメーターの復帰手順

1 器具栓を全て閉めてください。

復帰ボタンを2秒ほど押してください。「ガス止」の文字が消えます。

液晶の文字と赤ランプが点滅します。1分間お待ちください。
※「赤ランプ」は液晶のものもあります。

液晶の文字と赤ランプが消えると、復帰完了です。
※復帰しない場合は、復帰を繰り返さず土佐ガスグループまでお電話ください。

※LPガスは本来無臭ですが、ガス漏れを察知できるよう、臭いをつけてあります。

 

避難時のガスボンベの処置

急に避難することになっても、ガスボンベの元栓を閉められるよう、日ごろから方法を確認しておきましょう。とはいえ、あくまで時間の余裕があれば行い、避難を優先することはもちろんです。閉めていないと危険というわけではありません。

ガスボンベの閉め方の図

最上部にある容器バルブを時計回りに回せば閉まります。バルブには「しめる」の方向が書いてあります。
また、もう一つ、横にある小さめのバルブ、これは絶対に触らないで下さい!容器とガス圧力調整器との接続ホース(高圧ホース)を締め付けるためのハンドルなので、万一ホースを緩めてしまうと、ガス漏れが発生して大変危険です。

 

ガス給湯器の凍結対策

翌日の最低気温が マイナス4度以下と予報されたら、凍結対策を行いましょう!

1 電源を抜かない
給湯器本体は内部の凍結防止ヒーターで保護されています。電源のコードは抜かないでください。リモコンの運転スイッチの「入」・「切」に関係なく、自動的に作動します。

少量の水を流し続ける
水道管の中を水が動いている場合は凍結する可能性が減ります。就寝前に給湯器のリモコンの運転スイッチを切り、蛇口をお湯側に動かし、少量の水(1分間で400cc程度)を流し続けてください。

お問い合わせ

お客様総合窓口

TEL 088-800-1212

※月~金の夜間(17:30~翌9:00)および、土日祝日はガイダンスが流れますので、それに従ってお進めください。

各種お問い合わせ窓口