太陽光発電×電気自動車「V2H」

太陽光発電×電気自動車「V2H」

太陽光発電で余った電気…どうします?

固定価格買取期間が終わっても売電を続けることは可能ですが、従来よりも買取単価が安くなるため、太陽光発電のメリットが下がります。そこで蓄電池や電気自動車と組み合わせ、自家消費する方が増えています。ご自宅の太陽光発電から電気自動車に充電するためには、V2Hという機器が必要です。

V2Hとは

V2Hとは「Vehicle(車) to Home(家)」の略で、電気自動車に蓄えた電力を分電盤を通じて家庭で使用する仕組みを言います。車と家の電力を、双方向でやり取りできます。

V2Hのメリット

1.太陽光発電の余剰電力を電気自動車に充電して、電気代を節約できる
 
太陽光で発電した電力を電気自動車に充電することで、電気代が節約できます。固定価格買取期間が終わった後は従来よりも安い単価で売電するよりも、自家消費して電気代を節約する方がメリットが高い可能性があります。
 
2.停電時に電気自動車から家庭に給電できる
 
電気自動車に蓄えた電力を、家庭に給電することができます。停電などの非常時に、電気自動車が蓄電池としても活躍します!家庭用の蓄電池は大きいものでも10~12kwh程度の容量ですが、電気自動車なら最低でも同じ程度の容量があり、機種によっては蓄電池よりも大容量です。

電気自動車から家庭への給電は、「特定負荷型」と「全負荷型」の2種類あります。 特定負荷型は、停電時に電力を使いたい場所をあらかじめ選ぶ必要があります。特定のコンセントだけが、電気自動車の電力を使用することができます。200V製品は使えないので、200vエアコンやIHクッキングヒーター、エコキュートなどは使用できません。延長コードを使えば、離れた場所の家電も使えます。

一方で全負荷型は、停電時でも家庭内のほぼ全てのコンセントをそのまま利用することが出来ます。普段と変わらずに生活できますが、プラグが差しっぱなしの家電があるとそれだけで待機電力が掛かってしまいます。使わない家電はプラグを抜くなど、非常時に貴重な電力を使いすぎないよう注意が必要です。 停電時にどの程度まで生活できるようにするかを、イメージしながら検討してみましょう。
 
3.自宅で急速充電できる
 
通常の家庭用200Vの充電設備に比べ、約半分の時間で充電できます。

V2H施工事例

南国市K様邸
●導入のきっかけ
固定価格買取制度期間の終了に向け、太陽光発電の余剰電力の活用を検討されたK様。電気自動車を2台所有されており、従来より安い単価で売電するよりも、電気自動車への充電で自家消費することを選びました。

電気自動車が増えている一方で充電スタンドが増えないため、順番待ちが頻繁に起きています。燃料代が節約できることに加え、ご自宅で寝ている間に充電でき、時間の有効活用にもつながります。太陽光発電と電気自動車、お持ちの資産を最大限に活かせるようご自宅の設備を整えました。

またK様は停電時の備えというメリットにも注目されました。過去の停電時にエアコンが使えず困った経験から、K様邸ではご自宅の電気設備のほぼ全てに使用する方法(全負荷型)を選ばれました。
●土佐ガスを選んだ理由
V2Hを使用するためには従来の分電盤に加え、新たにV2H用の分電盤を設置する必要があります。条件によっては、配線を壁や天井にはわせる「露出配線」しかできない場合があります。他社の施工写真を見て、配線工事の仕上がりに不安を抱かれていたK様。弊社の技術力を信頼され、ご依頼いただきました。

ご希望の設置位置とご自宅の状況を事前に確認したところ、K様邸では配線が目立たない「隠ぺい配線」ができる可能性がありました。工事の方法をしっかりとご説明し、ご納得いただいてから施工に移りました。最終的にほとんどの配線がすっきりと納まり、見た目もキレイに仕上げることができました。

お問合せはこちら
088-800-1212
(月~金曜 / 9:00~17:30)